かかりつけ歯科医機能強化型診療所

  • ※急患随時受付します。事前にお電話ください。

    0466506480

  • お問い合わせ

歯を失った方へ

Missing Teeth

歯を失ってそのままにしていませんか?

歯を失ってしまった時、何らかの理由で放置する方もいらっしゃいます。
しかし、一本でも歯が無い状態で時間を過ごしていると残っている歯に負担がかかりますし、
噛み合わせのバランスも崩れるので、何らかの方法で補うことをお勧めします。
当クリニックは患者様の多様なご要望に沿うために、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの選択肢を用意しています。

入れ歯

患者様のご希望を聞いて、入れ歯を提案します

患者様のご希望を聞いて、入れ歯を提案

当クリニックでは入れ歯をお求めの患者様に対して、できる限り違和感が少なく使いやすい入れ歯を提供できるように研鑽を積んでいます。

保険診療の範囲でも可能な限り良いものを作っていますが、さらに外観が良いものや使いやすい入れ歯をお求めの方のために、自由診療の入れ歯も多数取り扱っています。例えば「コーヌスクローネ冠」という技術を使った入れ歯は、既存の歯に茶筒のフタのようにすっぽり被せて固定するので、金具が見えませんしズレる不快感もありません。他にもさまざまな特色を持った入れ歯を用意していますので、まずはお気軽にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

  • 入れ歯がなかなか合わなくて痛い
  • 簡単にはずれるから口を開けてしゃべりづらい
  • 固いものが噛めない
  • すぐ外れてしまう
  • 顔の表情がゆがんだ気がする
  • 金具が見えて嫌だ
  • 入れると吐きそうになる
  • 違和感がある
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まる

当クリニックでご紹介している入れ歯

総入れ歯

レジン床

保険診療の範囲で作ることができる入れ歯です。歯肉に接触する部位をレジンというプラスチックで作っています。レジンの部分に厚みがあるので自由診療の入れ歯より違和感はありますが、費用負担が少ないことや、修理がしやすいことなどのメリットがあります。

金属床

床と呼ばれる平らな部分を金属で作るので強度が高く、薄く作れるので違和感が少ないメリットがあります。自由診療の範囲なのでレジン床より費用負担は上がりますが、金属の熱伝導率の良さから食べ物の温度を感じることができるのもこの入れ歯の利点です。

部分入れ歯

金属バネ

残存歯が一本しかなくても対応できることや、インプラントに比べると脱着して掃除ができること、費用負担が少ないことなどのメリットがあります。一方で保険診療の規定により、固定のために金属のバネを使うので見た目が気になる人はいるでしょう。

ノンクラスプ

自由診療の部分入れ歯で、保険で作る場合のように金属のバネがありませんから、見た目が良いのが特徴です。保険の範囲で作るよりも費用負担は大きくなりますが、金属アレルギーを心配する方にも安心して使用できるメリットがあります。

残っている歯を活かした入れ歯

コーヌスクローネ義歯

ドイツで50年以上もの実績を持つ義歯の技術で、残存歯に茶筒のフタのようにすっぽりと被せて固定します。脱着は容易なのにズレる不快感がなく、見た目の違和感もない入れ歯です。
自由診療なのである程度の費用負担はあること、残存歯を削る必要があることなどの特徴はありますが、インプラントのように埋め込む手術は必要ないので身体への負担は大きくありません。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

治療が比較的短期間で終わることや、種類によっては保険が適用されるため安価に治療できることがメリットと言えます。また、インプラントと異なり、外科手術を伴いません。

デメリット

食べ物が挟まりやすいためこまめなメインテナンスが必要です。硬いものをしっかりと噛みづらく、保険の入れ歯の場合は金属のバネ(金具)が見えてしまうために審美性が劣ります。

入れ歯の料金

※費用は税込になります。

総入れ歯 ¥368,500~¥1,138,500
コーヌスデンチャー ¥588,500~¥1,688,500
ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯) ¥94,215~¥132,000

インプラント

しっかり噛めるインプラント治療

しっかり噛めるインプラント治療

歯を失った箇所を補う方法として、当クリニックではインプラント治療に取り組んでいます。顎の骨に人工の歯根を埋め込んで歯を作るもので、入れ歯に比べてしっかり噛めるようになるのが魅力です。1本から数本の歯を失った場合のほか、インプラントを使って総入れ歯を安定させる方法もあります。

3Dインプラントで行う治療計画のシミュレーション

3Dインプラントシミュレーション

インプラントを装着する場合は、顎全体と骨の形状を正しく把握して、術後の状態を想定した入念なプランニングが必要になります。当クリニックでは、日本では限られたごく一部の医院しか導入していない「3Dインプラント」を導入しております。3Dインプラントを使用すると治療後のシミュレーションが可能なため、期待された成果をあらかじめ確認することができます。

インプラント治療の流れ

  • 検査

    インプラント治療の流れ

    問診やレントゲン撮影で、お口の中の状態を確認します。CTを使用して欠損部の骨量・質の検査を行います。

  • インプラント体の埋入

    インプラント体の埋入

    検査結果をもとに立てた治療計画に沿って、局部麻酔のもと、インプラントを埋入する手術を行います。

  • 上部構造の取り付け

    上部構造の取り付け

    インプラントと骨が結合したら、人工歯とインプラントをつなぐ土台(アバットメント)を装着します。

  • 人工歯の取り付け

    人工歯の取り付け

    アバットメント(土台)の上に人工歯を取り付けます。術後は、自分の歯のようにメインテナンスを行うことが大切です。

入れ歯とインプラントの性能「インプラントオーバーデンチャー」

入れ歯とインプラントの性能「インプラントオーバーデンチャー」

インプラント体を2本埋入して、ボールアタッチメントで総入れ歯を固定する方法です。
入れ歯がズレる不快感がほとんどないので快適に利用できますし、インプラントをたくさん埋入する負担もありません。また、一般的な入れ歯と同様に簡単に脱着ができるので、清掃しやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。

インプラントはアフターケアが大切です

インプラントのアフターケア

インプラント治療が終わっても、末長く使い続けるためにはお手入れを継続する必要がありますので定期的にご来院ください。インプラントの状態や噛み合わせに不具合がないかチェックし、お口のクリーニングを行います。ご自宅での歯磨きも欠かさないようにお願いいたします。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

自分の歯のようにしっかりと噛めて、見た目も自然で美しいことがメリットと言えます。周りの歯に負担を掛けないため、他の健康な歯をインプラントによって失うことは少ないです。

デメリット

外科手術が必要であり、治療に期間がかかります。また、健康保険が適用にならないため、比較的費用も高額になります。

インプラントの料金

インプラント(1歯) ¥352,000~¥495,000
上顎洞挙上述/ソケットサイナス ¥55,000~¥110,000
デンチャー用インプラント ¥110,000

ページトップへ戻る